Hanoi Vietnam

プレミア寺・廟 で Hanoi

  • タイ湖&鎮国寺

    ハノイの北側に広がるタイ(Tay)湖は周長約17キロメートルにもなる首都ハノイで最も大きな湖だ。 地元ハノイっ子からも愛されており、週末は家族連れなどでにぎわう。 湖の東の湖畔には6世紀にまでその起源をさかのぼることができるハノイ最古の仏教寺院、鎮国寺がある。 鎮国寺はもともとはホン(Hong)河沿いにあったが、度重なる川の氾濫と侵食によって現在のタイ湖の南東の湖岸にある金魚島に移築された。 現在では小さな土手道が寺と湖岸をつないでいる。 本堂の中はきらびやかで込み入ったつくりとなっており、仏教の三身の考え方に基づき、全部で10の祭壇がある。 また、祀られているのも釈迦や菩薩のほかに、関羽、英雄チャン・フン・ダオまでさまざま。 金で縁取られた赤い漆塗りの涅槃仏をチェック。 1639年に作られたもので、ベトナム様式の仏像の傑作と称えられているものだ。 庭にある菩提樹は仏陀が悟りをひらいた菩提樹のさし木から育ったものとされている。 寺の境内からは湖の反対側の息を呑むようにすばらしい日の入りを眺めることができる。

  • クアンスー寺

    現在ベトナムの仏教寺院の総本山であり、ベトナムで最も重要な寺の一つであるクアンスー(Quan Su)寺は、長い歴史があったり建物がとりわけ素晴らしい、というわけではないが、ハノイにある有名な場所のひとつだ。 元々は首都へ高位の人が訪れたときにもてなすための場所として建てられた。 レ朝の最後に多くの仏教寺院が焼かれたが、幸いにもクアンスー寺は残った。 線香を買って、祭壇の前にあげよう。 いつもお祈りをする人々で混み合っており、境内は線香の煙がたちこめている。 所在地はホアンキエム(Hoan Kiem)区のクアンスー(Quan Su)通りにある。

  • 香寺

    香寺とは石灰岩で出来た穏やかな岩山、香山(Huong Son)に散在する13の寺を総称した呼び名で、ベトナム人旅行者や仏教の巡礼者にとても人気のある場所だ。 ブッダがかつてこの場所の川のほとりを訪れ、煩悩を消し去るために自身の体を清めたとも言われている。 その言い伝えに従って、多くの巡礼者たちがロントゥイエン(Long Tuyen)泉で過去の業を洗い流すべく顔と手を洗っている姿を見ることができる。 巡礼シーズンのピークは旧暦の2月15日(新暦の3月末頃)だが、1月半ば~3月半ばまでも混み合う。 岩山のふもとまでは手漕ぎのボートに乗って約2時間、徒歩あるいはケーブルカーで急な斜面の岩の道を進む。 徒歩の場合は約1時間半かかる。 ボートから眺める緑の水田と遠くまで連なる岩山の風景はまるで山水画のような美しさで、心が洗われる。 初期の寺は頻繁に修復・再建作業が行われており、つい最近もフランスおよびアメリカとの独立戦争のなかでダメージを受けた門と鐘楼が新しくなったばかり。

  • 一柱寺

    一柱寺はリー朝第二代皇帝リー・タイ・トン(Ly Thai Ton)によって1049年に建立された延祐寺内の仏堂だ。 ハノイ西部、ホーチミン廟から近い場所にあり、1954年にはフランスによって破壊されたが、すぐに再建された。 リー皇帝が蓮の上で赤子を抱いた観音菩薩の夢をみた後に、待望の世継ぎが生まれたことから、観音菩薩への感謝を込めて蓮の花に見立てたこの仏堂が建てられたといわれている。 一本柱に支えられた御堂が蓮池に浮かぶ姿は、なるほど蓮の花のようであり、ベトナムが育んだ建築文化の素晴らしさを感じさせる。 薄暗い御堂内部に入ると蓮の花に座る金色の観音菩薩の像がある。 冬に池の水が減ると、見た目がさえなくなる。 見学時間は8~17時。入場料は無料。