Hanoi Vietnam

Vietnamese Restaurants in Hanoi

プレミアベトナム料理 で Hanoi

  • 北部ベトナム料理

    ハノイおよび北部の料理は中国の影響を強く受けており、それは炒めものや、揚げ春巻き、しょう油づかい、化学調味料の使用などに見られるが、中華料理よりも香草やスパイスを効果的に使うのが特徴だ。 ブン・チャー(Bun Cha): ハノイの人気ランチメニューで、豚肉のつくねと米麺(ブン)を、ヌクマムと甘酢になますを合わせたつけだれで食べる料理。 バイン・トム(Banh Tom):拍子切りにしたサツマイモを混ぜ込んだ米粉の衣でエビをサクサクの天ぷらにした料理。レタスや香草の上に載って供される。 フォー(Pho):ベトナム料理として最もポピュラーなフォーは、地方ごとに異なるバージョンがある。 鶏肉と牛肉が定番で、生の香草と共に供されることが多い。 アクセントとしてライムを搾って入れていただこう。 チャー・カー(Cha Ca):新鮮な雷魚の切り身にターメリックをまぶして揚げたものを香草と炒め、米麺(ブン)、こしょう、ヌクマム、ピーナッツなどを絡めて食べる。 バイン・クウォン(Banh Cuon):豚肉ときくらげを包んだ米粉の蒸し餃子を香草やもやし、豚肉のハムと一緒に食べる。朝食やおやつとして人気。 ハノイ市内にはおいしいベトナム料理レストランが数多くある。 お腹いっぱいベトナム料理を堪能しよう。 南部ベトナム料理と比較すると、砂糖と唐辛子を控えめにしてあるのも特徴だ。 北部は南部に比べて寒冷な気候のため、香草やスパイスづかいも南部の料理方法ほど頻繁ではない。 魚介類、なかでもカニは北部ベトナムの料理で多用される食材だ。 ハノイを訪れたら、北部発祥の麺料理を味わうこともお忘れなく。 ブン・タン(Bun Thanh)、ブン・リュウ(Bun Rieu)、ブン・ブン(Bun Bung)、ブン・ヴィッ・サオ・マン(Bun Vit Sao Mang)

  • Ao-Ta

    懐かしいベトナムの料理と雰囲気を外国人に、というコンセプトのベトナム料理店。古き良き時代のベトナムの田舎の家屋をイメージした居心地の良い内装、ベトナム全土の伝統料理を網羅した食べやすい豊富なメニューが、在住外国人や旅行者に人気の店。100を超えるメニューには、レストランでは食べられない素朴な田舎の家庭料理やスナックなどもあり、一皿ごとの量があまり多くないスタイルも、いろいろ試してみたい外国人にとってはうれしい。

  • クアン・アン・ンゴン

    美しい黄色の日よけの下で、おいしくて本格的なベトナム料理が味わえる「クワン・アン・ンゴン/Quan An Ngon」。 同レストランではベトナムの北部、中部、南部の郷土料理が一堂に会し、料理を作る屋台がオープンエアの中庭のまわりにぐるりと並び、注文する前に見てまわることができる。 ハノイのストリート・フードの高級バージョンといったところで、さまざまな料理を気軽に試せるのも人気の理由。 ブンチャーやバインセオを冷たく冷えたハノイビールで流し込もう。 家族連れや大人数での利用にぴったりで朝食、ブランチ、ランチ、ディナー、ビュッフェ、デザート、デリバリー、テイクアウトが楽しめる。 同レストランは『ミーレ・ガイド』が選ぶベトナムのトップ5レストランにも入っている。 ハノイに複数店舗あり、 ハンダオトゥイ(Hoang Dao Thuy)通りにある新しい支店も要チェックだ。

  • クラブ・オペラ・ノーベル

    ホアンキエム(Hoan Kiem)区、チャンティエン(Trang Tien)通りにあるフレンチコロニアルの瀟洒な建物に店を構える本格ベトナム料理の店「クラブ・オペラ・ノーベル/Club Opera Novel」。 スタッフは注意深く、経験豊かだ。 美しい建築とシルクを多用したインテリアが雰囲気を盛り上げる空間で、一皿ごとに味も見た目も秀逸な料理が味わえる。 洗練のタッチを加えたベトナム料理と充実のワインリストはハノイのほかの店にはないものだ。 おすすめはバナナの花のサラダのほか、フエ名物のサクッとした衣の揚げ春巻きやバイン・コアイ(Banh Khoai)、炒め物、鍋料理、グリルしたレモングラス風味のチキン、シーバスのマンゴーソース添え、エビのココナッツソース、イカのから揚げなど。 メインは9.5US$~16US$、そのほかのベトナム料理は手頃な値段だ。 キャンドルに照らされた快適でおしゃれな空間で食事を楽しもう。

  • サティーヌ

    「ホテル・ドゥ・オペラ・ハノイ‐M ギャラリー」内のベトナム料理レストラン「サティーヌ/Satine」。 スリークで現代的なインテリアがハノイ市内でも最も美しい建物のクラシックな魅力を、引き立てている。 同店ではベトナム各地の名物料理を、8階まで吹き抜けの開放感あふれるアトリウム席で味わえる。 ベトナムの人気鍋料理や、さまざまなシーフード・メニューなど、エグゼクティブ・シェフのニン(Ninh)氏が手がける自慢の料理を堪能しよう。

  • ブラッスリー・ル・パヴィヨン

    ハノイ駅の近くにある、フランス系のホテル“メルキュール”内のレストランで、ベトナム料理とインターナショナル料理をサーブしている。中庭は、街の喧噪から遮断された贅沢な空間で、通りに面したテラスからは、パリのカフェのように道行く人々を眺めることができる。ワインリストはさすがの品揃えだ。

  • ザ・リトル・ハノイ

    おしゃれなワインバーのようなうち解けた雰囲気の店内でサンドイッチ類やベトナム料理が味わえる「ザ・リトル・ハノイ/The Little Hanoi」。 人気は焼きたてのバゲットに具材をたっぷり挟んだ、ボリューム満点のサンドイッチ「ザ・クラブ・バイン・ミー/The Club Banh Mi」や、カラメルクリームなどのデザート類。 ひそかにおいしいと評判のベトナム料理もぜひ試してみたい。 メニューの価格帯は5~10US$。 シルク・ショップで有名なハンガイ(Hang Gai)通りにあり、水上人形劇の劇場にも近いので、観劇やショッピングの合間に朝食や、ブランチ、ランチ、ディナー、デザートなどで利用してみてはいかが? 店はいつも混み合っているので早めの来店がおすすめだ。

  • Coyen Restaurant

    旧市街にあるベトナム料理店。元五つ星ホテルのレストランのシェフGiang Van Thuy氏が考案した、創作メニューが美味しいと評判。例えば生春巻きも、ポークとエビの伝統的なものだけでなく、スモーク・サーモンとロケットサラダを巻いた欧風のチョイスもある。その他、アワビやワニ肉など、珍しい食材の料理もメニューに並んでいる。内装は、若いベトナム人デザイナーが手掛けたアジアン・テイストのモダンなスタイル。伝統と、ちょっと新しいハノイの雰囲気の両方を味わえる、今っぽいレストラン。

  • ワイルド・ロータス

    「ワイルド・ロータス/Wild Lotus」は洗練されたラグジュアリーな空間でベトナム料理を中心にアジア料理全般を提供する高級レストラン。 レストランの入り口へは花が散りばめられた池の飛び石を渡ってアプローチ。 木漏れ日が揺れる静かな庭は都会のなかのサンクチュアリ、といった風情でハノイの喧騒を忘れさせてくれる。 柔らかなBGMが静かに流れ、店名にもなっているハスの花が随所にあしらわれた店内は上品で落ち着いた雰囲気だ。 ベトナム料理とアジア料理を出す店だが、それぞれヨーロッパのテイストやセンスを感じさせる洗練された味は、さながら、アジアからヨーロッパへの太古のスパイス・ルートをたどる旅が舌の上で再現されるかのよう。 辛さと酸味が絶妙なダックのスープや、スパイシーなかぼちゃのスープ、ハヤトウリの葉のサラダ、タマリンド・ソースの貝の炒め物やサテーのソースで味付けされたイカの炒め物などを堪能しよう。 ドリンク類も豊富に揃えビール、ワイン、スピリット、ソフトドリンクが楽しめる。 人気店のため、事前予約をお忘れなく。

  • JW カフェ

    2013年末に、ハノイの新しいビジネスゾーンにオープンしたばかりのJWマリオットホテル内のレストランで、朝・昼・晩と営業している。ベトナム、アジア、西欧料理の幅広いチョイスのビュッフェスタイルで、日本の寿司などもある。フォーやパスタなどは、その場で調理してくれる。店内は、高い天井に全面ガラス張りで外の景色を見渡せ、一人でも、家族連れでも、明るく気持ちの良い空間で、自分のペースで食事を楽しめる。

  • シーズンズ・オブ・ハノイ

    「シーズンズ・オブ・ハノイ/Seasons of Hanoi」は旧市街の北側、並木通り沿いにあるクラシックなベトナム料理を出す在住外国人に人気のレストラン。 フレンチコロニアルの洋館に、時代物の家具を配した空間は優雅で洗練された雰囲気だ。 何を食べても外れがないと評判で、なかでもおすすめは野菜だけの生春巻き、バナナの花のサラダ、青バナナとスターフルーツを添えた牛肉のサラダ、鴨のオレンジソース、魚の煮付け、 ソフトシェルクラブなど。 ケータリングやパーティーのプランニングも行っている。 接待や特別なイベント、ロマンティックなディナーなど、さまざまな場面で利用したい。

  • ワイルド・ライス

    ハノイのホアンキエム(Hoan Kiem)区にあるフレンチコロニアルのヴィラを改装したレストラン「ワイルド・ライス/Wild Rice」では、モダンなひねりを効かせたベトナム料理や、アジアのテイストを取り入れた創作西洋料理が味わえる。 白い壁、石張りの床、ガラスに入った竹などの店内装飾から清潔なホワイトリネン、黒い箸にいたるテーブルセッティングまでがミニマルで洗練された雰囲気を演出する。 花やベトナムの風景を写した壁の写真、鮮やかなハノイ的な色使いがなければここはサンフランシスコのおしゃれなビストロに来たかのような気がするだろう。 このインテリア、料理にみられるテイストミックスこそが「ワイルド・ライス」の魅力だ。 おいしい料理とすばらしいサービスを、ハノイ市内でも最も優雅なスポットで堪能しよう。 唐辛子とレモングラスと一緒にグリルしたチキン、イカのバーベキュー、牛肉のココナッツ煮、チキンカレーをぜひトライしてみよう。 料理のお供にはインポートの赤もしくは白ワインを。 素敵なハノイの夜を「ワイルド・ライス」で過ごそう。 メインメニューの価格帯は16~60US$。