サイゴン/ホーチミン	 Vietnam

Travel Attractions and Things to See in Saigon

  • サイゴン大教会(聖母マリア大聖堂)

    サイゴン大教会(聖母マリア大聖堂)はホーチミン市観光で外すことのできない有名スポットだ。ベトナムがフランスの植民地だった1863年~1880年にかけて建造された教会で、高さ60メートルに及ぶ双塔がそびえ、荘厳で優雅な雰囲気。建材にはフランスのマルセイユから輸入した赤レンガが使われている。市内中心部、交通量の多い通りの中央に建っており、周りはいつも車やバイク、物売りなどで賑わう。教会内は飾り気のないシンプルな造りで、手の込んだステンドグラスが美しい。現在でも使われており、週末ともなればミサに訪れる人々が外まであふれ出るほど。またウェディング写真を撮る絶好の撮影ポイントとして地元のベトナム人に人気がある。

  • フイェンシー教会

    トンタットトゥン(Ton That Tung)通りとグエンチャイ(Nguyen Trai)通りの角にあるフイェンシー(Huyen Sy)教会。100年以上の歴史を持ち、ホーチミン市にあるカトリック教会のなかで2番目に大きい。その名は、ベトナム最後の王、バオ・ダイ(Bao Dai)の妻であるナム・フオン(Nam Phuong)氏の祖父、フイェン・シー(Huyen Sy)氏から取ったものだ。彼が亡くなったのは1900年、この教会が完成する前だった。教会の身廊から離れたところにはフイェン・シー氏とその妻の墓がある。ゴシックスタイルの建築で、ホーチミン市の暑い日ざしを遮るために、窓は小さく造られている。カトリック教徒のベトナム人たちが一日に何度も訪れ、お香を焚いたり、奉納を行ったり、祈ったりしている姿を眺める事ができる。

  • キードン教会

    フランスの植民地だった影響もあり、ホーチミン市にはカトリック教会がいくつかある。そのうちの一つ、キードン(Ky Dong)教会は、かつては大きな規模の協会だったが、現在は縮小されている。それでも、いまだに大きな教会であることに変わりなく、敷地内には学校や、庭、土産物店もある。わざわざ訪れるというほどではないが、近くに来たら、ぜひ立ち寄ってみよう。ホーチミン市在住者も観光客でもミサに参加することができる。訪れる際はカメラをお忘れなく。

  • ベンタン(Ben Thanh)市場近くのマリアマン・ヒンドゥー(Mariamman Hidu)寺院は19世紀後半に南インドのタミル・ナードゥ州からきた商人によって建立されたヒンドゥー教の寺院だ。周りから浮き立つように色鮮やかなファサードは、ここがホーチミン市であることを忘れてしまいそう。寺院の中にはいると線香の強い香りがたちこめ、賑やかな雰囲気。病気を治す力や、よき配偶者を見つけられるよう導いてくれる神、マリアマンの名をとった寺院で、多くの人々がお祈りに訪れる。カラフルに彩られたマリアマン像や、建物の装飾はぜひ写真に収めておこう。1区にはそのほか2つのヒンドゥー寺院がある。

  • 1区にあるサイゴン・セントラルモスク(Jamia Al Muslimin Mosque)はホーチミン市にある12のモスクのうちの一つ。南インドからの移民によって1935年に設立されたが、現在ではインドネシア、パキスタン出身のムスリムが主に礼拝に訪れる。金曜日はイスラム教の礼拝日となっているため一番混む。ベランダと冷たい石張りのフロアは座って暑さをしのぐのにぴったりだ。ただし、訪れるときは服装に気をつけよう。モスクではまず靴を脱ぐ必要がある。ショートパンツ、水着、短いスカートなどでは入れないため注意を。サンダルも念のためやめておこう。サイゴン・セントラルモスク周辺にはインド料理やマレーシア料理などさまざまなハラール料理店が軒を連ねている。