360度パノラマ

著者: 新井美和
発行: 2014年10月14日15:19:40
その 新井美和 他の記事を見る

ベトナムのお寺

   ハノイには、お寺がたくさんある。

   立派な門構えのところもあれば、お店とお店の間に、見落としてしまいそうな小さな入口があることもある。どちらも門の向こう側には、喧噪のハノイとは全く違う“気”の流れる静かな空間が広がっている。

ベトナムのお寺お寺には、漢字の表札が多い

   境内には木々が茂り、本堂の前には常香炉があって、たくさんの線香からよい香りの煙が立ち上っている。香炉の前で手を合わせ、靴を脱いでお堂に入ってゆく。

ベトナムのお寺香りのよい手作りの線香。ベトナムの線香は軸があって長い。

   お堂にはたいてい、両脇に仁王様(日本とはやや違い、色も鮮やか)、その奥に阿弥陀如来や釈迦如来、弥勒菩薩や文殊菩薩などが階段状にずらりと並んでいる。それだけではなく、よく見れば、三蔵法師や中国やベトナムの歴史上の英雄(道教の神々)なんかもいらしたりして、かなりのカオス的迫力。

   それぞれの仏様を前に祈るのだけれど、合わせた両手を額の前から胸のあたりまで激しくシェイクさせる、祈祷師のようなベトナム風祈り方に、最初は驚いた。

ベトナムのお寺小さなお寺でも、仏像がずらりと並んで壮観!かなりそばまで近寄れる。

   お寺には誰にでも開放されていて、いつでもお参りの人がいる。特に旧暦の1日と15日(新月と満月の日)は人が多く、旧正月の時期には、日本の神社の初もうでのようにすごい混雑に。

   小銭やお線香やお花、菓子などのお供物を捧げるのは日本と同じ。境内や参道には必ずそういうものを売るお店があるのは、さすが“どこでも商店!”なベトナム、便利だ。

ベトナムのお寺線香、焼き菓子、偽札(燃やす)はお供物の定番

    しかし、複雑な歴史を経てきたベトナム。中国、フランスの統治時代には、彼らが定める宗教を強制され、共産主義になるとあらゆる宗教が弾圧された。度重なる戦争や政治の影響で破壊されたお寺、処刑された僧侶や信徒も多い。信教の自由が公式に認められたのは、なんと、ここ20年くらい前のことだ。

    そのせいか、現在周囲のベトナム人に、「あなたの宗教は?」と聞くと、「うーーん、、」と返事に困られることが多い。信仰の主張も自覚も、まだデリケートな話題なのかもしれない。

ベトナムのお寺狛犬の隣に象が並ぶのは南国ならでは

    それでも仏教的な考え方は、多くのベトナム人に浸透していて、そこに儒教の教えも重なっているので、彼らの考え方や慣習には、日本人に近くホッとできるものがある。

    “仏教徒”と主張しなくても、彼らはお寺に行くし、目に見えない霊魂を恐れ、会ったことのない先祖を敬い、自然界のいろいろなものに神さまや霊が宿っていることを信じている。

ベトナムのお寺ハノイに残るディン、今もなんとなく地域の人々が集まる場所。

   また、お寺だけではなく、各村には実在した英雄的人間を村の守り神として祀った“ディン”という、神社のような場所があり、村の集会所のような大事な場所として使われていた。

   個人の家にはご先祖様の祭壇があって、日本の仏壇のようにお供え物に気を遣い、神聖な場所とされている。イマドキ風なお店にも、商売の神様の小さな祠がしつらえてあって、必ず線香とお供物が供えてある。それに、街路樹の中でもガジュマロの木には、さまよう霊魂が集まると信じられているそうで、だいたいどの木にも、小さな祭壇とお供えがある。

   こういう先祖への敬意、縁起担ぎや、木や石に神聖さを見出すところは日本とよく似ている。よく見てみれば、ハノイの街は、神様だらけだ。

お寺

  ベトナムのお寺店の入り口付近の商売の神様

 そういわれてみると、何かあるに違いない気がしてくるガジュマロの木そういわれてみると、何かあるに違いない気がしてくるガジュマロの木

   お寺も、ディンも、たいていは無料で(観光ガイドに掲載される有名なところは

   10,000VND位の入場料をとる場合もある)誰でも入れる。境内だけでなくお堂にも上がれるので、仏像の前の板張りの床に座って、ゆっくりと静かな時間を過ごすことが出来る。

   もしそこが、破壊され修復されてまだ数十年の新しい建物で、仏像もピカピカでも、その場所が、この国の人々が、昔々から心のよりどころとして、様々な祈りをささげてきた場所であることに変わりない。座ってみると、それがわかる。

   ハノイを訪れたら、是非、名もないお寺の門をくぐってみてほしい。観光地にはないベトナムの何かを、きっと感じることが出来る。

ベトナムのお寺

若者も祈る

カテゴリー外, Vietnam

コメントを残す
名前:
Email:
コメント:
まだ承認されたコメントはありません